BACK→

 

September 14   2005 KARIN

ワンピースと風船の赤、草木の緑、空の青。みっつ合わせてRGB!
そういうイメージでした(適当。
インビテーション(雑誌)見てたら、蒼井優が赤いワンピースを着て立ってる写真があって、赤いワンピースかわいい!!って思って、やるなら可愛いことがしたいと思って考えた結果のネタです。
バイト中に暇だったので「ストア・エキスプレス」(アスクルみたいなやつです。職場用品のカタログ)を見てたら、ヘリウムが売っているじゃありませんか!!ブラボー!!風船ネタはやりたいと思っていたんだけど、ヘリウムでいつも悩んでいたので、いいものを発見したと大喜びで、店からカタログを持って帰ってくる。個人で登録。ヘリウムだけ単品で買う。怪しすぎ。

ちなみに、私は撮影用のネタ帳みたいなのをつけてまして、このサイトはじめたころから地道につけている製作ノートです。
すぐに忘れてしまうので、思いついたらすぐにメモったり、雑誌とかの切り抜きを張り付けているもの。

肩からかけるタスキみたいのがやりたかったの。

ワンピース作り。日記にリアルタイムで製作過程を書きましたが、深夜にずさっと作りました。
毎度のことですが、洋裁は本当にど素人なので、写真にそれっぽく写ればいいという考えでやっています。
(妙に細かい所にこだわって、こだわった結果全然写真に反映されていないということが、しばしばあるので、最近はあんまり細かく丁寧には作っていません。というか技術がない)

丸衿でちょうちん袖の、みおっちの年齢をまったく無視した感じのワンピ。

どうでもいいことですが、何で夜中ってお腹がすくんですかね。

たすき製作。

ダイソーでゴージャスリボン購入。何事においてもまずダイソーから攻めていきます。

たすきに書く文字の下書き製作。いえ、なにせ字が綺麗に書けないもので。
プリントして、布の下に引いて、上から絵の具でなぞる。

ちなみに、書いてある文字は「The principle of relativity」。
こういう時に洒落た英文をからっきし思いつかないので、大学の教科書の表紙から。

完成!

人目を避けるため(何を今更)朝方撮影をしようという話になりまして、前日からみおっちの家へお泊まり。

めずらしくみおっちお手伝い。ダイソーのリボンの上にもう一色リボンを貼っています。両面テープで。
これを文字を書いた布に張り付ける。以外に地道な作業でした。

翌朝。心配していた台風は通り過ぎ、見事な晴天。ただし強風。これが思わぬ伏兵であったと後々思い知る。
とりあえず化粧をして、頑張って髪型もピンでメチャメチャに留めて、どう見たって目立つ真っ赤なワンピースを着てもらって出発。
カメラバックとヘリウムボンベ(小型だけどね)とみおっちを自転車に乗せて、目指すは土手!!
ところが、土手がね、みおっちの家から駅を越えた先にあるんですよ。
真っ赤なワンピのみおっちと共に駅前の商店街をフラフラと走る。
「朝=出勤時間」という基本的なことを失念していた。
目立つ、おおいに目立つ。

ヒーヒーいいながら土手到着。
・・・・・ありえない強風。散々苦労した髪型が・・・
気を取り直して、風船を膨らます。

これがヘリウム缶。これで10個くらい作れる。
膨らます→糸をつける→みおっちに渡す→膨らます→糸をつける→みおっちに渡す→風に煽られて糸こんがらがる→膨らます。
をリピート。渡す度にこんがらがる。風が強すぎて、風船が上ではなく横に浮いているんですが。
ヘリウムの意味がない気もしないでもありませんが。
・・・・・ん?
気を取り直して、撮影開始。
が、

からまってる。もう根本からからまってる。
こういう感じもありはありだよね、ということで。

意味のわからない動きに出るみおっち。楽しそう。

勝利のポーズきめっ!

ババッと撮影をして、撤収。
ところが、「風船を潰すのはもったいない」と言い出したみおさん。
結果、赤いワンピースに赤い風船(しかも大量)をもったみおっちを自転車の後ろに乗せて、再び駅前を通過する羽目になったわけです。あっ、ちょっといま引いたでしょう。自分たちが一番ドン引きですよ。

今回の教訓。「台風一過をあなどるな!」