BACK→

 

JUNE 20 2004 by TOMOYO

「海でずぶぬれ撮影」
海に行こうよアリス!というわけで、海撮影であります。ずいぶんと前から海撮海撮と騒いでいたのですが、ようやく実現へ!ユッキーとサクラさんと3人で「太陽と月に背いてとかピアノレッスンとか、要はああいう感じでしょ」と極めてアバウトな(ピアノレッスンにいたっては3人とも観たことがないのに)漂っているニュアンスを無理矢理鷲掴んでみたら、認識が共通していたというだけで、何となく話を進めてきました。要は黒いドレスをユッキーに着せたかったのさ、そしてサクラさんはレオ様になりたかったのさ!
衣装制作。
ユッキーから。まずは髪飾りを。今回の衣装作りで参考にしたのが

京都服飾文化研究財団が出してる「ファッション」という分厚い本。18世紀から現代までの素敵ファッションが700ページに渡って載っています。
この時代の女性は(この時代たっていまいち具体的じゃないんですが)髪の毛はネットでくくっているはず!というユッキーとの話し合いから、とりあえずネットの着いた髪飾りを。

去年撮影で使った髪飾りをリサイクル。

ばらしました。思えばこの髪飾りも花飾りから粘土で作ったのよね。ミハエルネグリンを追求していた。無理だった。

油性マジックで塗りつぶし。

レースをくっつけて

ネットを縫います。
ベロアで大きめのリボンを作ってこの3つを縫い合わせました。

こんな感じ。
これとは別に頭にかぶるのを作ります。

まず造花を油性マジックで塗りつぶす。仕事のシフトの上で塗るのはどうかと思いますが。

適当に型をつくって、分厚い布同士を張り合わせます。

その上にベロアを張り付け

これまた以前使ったスカートの裾のレースを模様に沿って切り抜きます。張り付けてこんな感じ。


先ほど黒く塗った造花とリボンやら羽やらレースやらを縫いつけて一つの飾りを作ります。

これをさっきの土台にリボンといっしょに縫い止めました。

次に服。
ウェディングドレスの作り方本を参考にスカート作り。

布幅2mなので余裕。ちなみにスカートは菜乃さんの撮影の時にバックに使った布。ブラウスはりゑこさんとの撮影の時にバックに使った布。この布はハムレットのジャケットにも使用(笑)スカートもブラウスも上に薄手の黒い布を重ねて作りました。

撮影4日前くらい。地獄絵図のような我が家。裁縫箱をサクラさんちに忘れたままなので、母の裁縫箱を使うも圧倒的にまち針の数が足りない。

ブラウス作りかけ。前にプリーツを作ってあります。最近プリーツ作るのがブーム。

そこそこ完成。まだボタンが付いてません。

蛍光灯と自然光だとこんなに色が違うのね。ボタンと襟を付けた感じ。ボタンは余裕がなかったのでイトーヨーカドーで購入(笑)でもボタンホールはきちんと縫いましたよ!!
サクラさんのコートも作ったんだけど、これは集合日前日の深夜12時から開始して2時間で終わらせたという綱渡り的制作でございました。のでパニックで写真がない(笑)(最初の髪飾りの写真が多いのはあそこからはじめたので余裕だったのですな)
こうしてすべての衣装制作がおおよそ終わったのが集合日前日の深夜3時でありました。

で、撮影前日。ギリギリまで茨城に行こうか九十九里に行こうか迷いましたが、なるべく人が少ないほうがいいということで茨城へ。
車を業平殿に出して頂くことに。ありがたやー。ので、前日の夜7時半に業平殿在住の埼玉県某所待ち合わせ。(私もそっちのほうに用があったので)一路東京へ。相変わらずのへタレナビゲーターっぷりに翻弄された業平殿は、埼玉を出発して東京に向かうはずが気がついたら常磐道を走っていた不思議。さっきまで都内だったのにまた埼玉にいる、何故。何とかかんとかサクラさんの家のすぐ近くまでくるも、同じところをグルグル回るはめに。侮り難し下町。一通と区画整理によって出来た迷宮にまんまとはまっていました。ちなみにとりあえず目指すは我が家なのですが、何故かサクラさんち付近でグルグル。業平家からだったらうちのが近いはず。すいませんすいません。
業「この橋こえるの?」
ト「うん越えちゃって」
ト「・・・あやっぱり駄目越えちゃ駄目」
業「いやもう遅いです」
こんな感じで9時半我が家到着。大量の荷物を積み込みサクラ家へ。サクラさんのお祖母さん家へ車を置かせてもらうため(近所)、途中でサクラさんとお母様を拾ってお祖母さん家へ。これがまぁ、絵に描いたような下町の細路地でして、車一台やっとこ通れる感じ。ごつい四駆とかなら無理なんじゃない?みたいな狭さな上、道が綺麗にはしってない。うねうねしていてT字路とY字路ばかり一通だらけのところをギリギリで抜けて、お祖母さんちまでくるもやっぱり道が狭いので車入れるのも一苦労。通りがかりのおっちゃんとかに励まされて、業平殿の華麗なるドライバーテクにより何とか無事成功。大荷物抱えて一同サクラさんの家へ。
コンビニで夕飯買って荷物の準備しつつ夕飯。お風呂借りて業平殿は先に就寝。で、0時にユキハ嬢到着。ユッキーはちょうどお誕生日だったのでお誕生日飲み会帰りでした。着いてから衣装チェック。髪型等の確認をして、私も1時あたりに先におやすみなさい。で、1時に寝たのに4時起き。サクラさんのお母様は普通に起きていたよ。就寝してからその程度しかたっていないのか。サクラさんとユッキーは化粧とか髪とかやってましたが、私はスッピンを決め込んで、一人お先に朝食を頂いておりました。5時すぎ出発。東関東自動車道にてレッツゴー茨城!

高速ぶっぱなし中。叫ぶトモヨ。「カーブ!カーブ!カーブ!!曲がって曲がって〜業平殿〜〜!!」「いや、曲がってるから」

運転中業平殿!

後ろにユッキーとサクラさん。基本的に全員ハイテンション。

佐原PKで一休み。海が近いと興奮気味の山の子ユッキー。実際に近いのは海ではなく利根川です。

ここで朝食タイム。サクラさんのお母上が作ってくれたサンドイッチを食べる一同。私は出発前すでにサンドイッチと春雨ヌードルを食してしますが、再び朝食。

時間は6時半すぎくらい。朝日がまぶしい。再び車を走らせ、潮来で降りて鹿島へ。

鹿島のイレブンでお買い物。時刻は7時。

業平殿も良く食べてます。朝からみんな元気!

鹿島スタジアムですよ〜!!
鹿島から大洋村にかけての海岸沿いを走り、なるたけサーファーが少ないところを探すも台風が接近中のためか結構な賑わい。海岸近くの細道をさまよいながら良い場所を物色。時々民家にはいったり農道に入ったりしつつ、良い場所発見。

降りて着替え。海だ海だと興奮する一同。
で、撮影開始。

正直サーファーだらけでしたが、あまり気にされませんでした。美大生ユッキーの影にかくれて「学校の課題です」という方向で。伝説のママという人にも声を掛けられました。ご本人が伝説だとおっしゃっているのでそうなのでしょう。握手とかされて「良い撮影を!」って言われた。ステキ!

一度海に入ってしまえば、もう怖いモノなしな感じで。終始楽しそうでしたよ。

ね、楽しそうでしょ。


ね、ね、楽しそうでしょ。450枚くらい撮って、CFカードもいっぱいになったし、二人ともビショビショで砂まみれになったのでと引き上げ。ところが近くに水道がなくてですね、私が水筒に足洗いようの水を家からくんできたのですが、それで何とかかんとか着替え。

着替え終わったサクラさん。私と業平殿しか替えの靴を用意していなかったので、私のくつを譲るという優しいカメラマンっぷりをここで強く主張。

私の靴もビチョビチョ。ジーパンは捲るのに靴下は脱がないんだという馬鹿さ加減。最初から靴も脱げばよかった。ビーサンもってくればよかった。100均で買わなきゃと思って忘れていました。
再び来た道をもどって、途中道の駅とかでソフトクリームを食べ、腹が減った腹が減ったと騒ぎながら(私が)、お昼すぎにはサクラさんちに到着。カロリーの高そうなものが食べたいという全員の意見からデニーズで昼食。サクラさんがカツ丼を食べるなんていう男気を見せられる。めずらしく終始テンションの高かった私もさすがに睡魔が。ご飯食べ終わったあたりから無口に(笑
全員でサクラさんち戻ってシャワーお借りして全員就寝。夕方6時くらいにあわてて起きて解散となりました。お疲れでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

→写真は「DEEP SEA」に載ってます。